第13期定時総会&総会報告会を開催

2017年11月17日(金)に、法人正会員、協会役員を対象とした第13期定時総会、及び、法人賛同会員からも多数の方が参加された、総会報告会&懇親会を製粉会館において開催いたしました。

《総会報告会》
1.協会代表挨拶   代表理事 長澤重俊より
2.事業報告   事務局長 中西 学より
雑穀市場動向、主要事業活動(資格制度、日本雑穀アワード)の報告など

3.法人新入会員紹介(2016年~2017年に入会された法人・団体)
 □ 正会員
  株式会社フヨウサキナ
 □ 賛同会員

  株式会社ミツハシ
  アメリカ穀物協会
  株式会社長寿乃里
  鳥越製粉株式会社

 

4.「雑穀をおいしく食べる RECIPE BOOK」出版紹介
著者の雑穀クリエイター 田中 雅子さん

出版までの道のりや、雑穀に対する熱い想い、掲載レシピ内容などをお話しいただきました。法人会員の皆さんから絶賛されたレシピ本、出版を契機に、さらに活躍の場が広がることと思います。

5.特別講演「五穀屋の取組紹介」
     有限会社春華堂 経営管理室 雑穀アドバイザー 細田 美穂 さん

うなぎパイで全国的に有名な会社ですが、雑穀と発酵を活用した和の知恵菓子ブランド「五穀屋」を立ち上げ、資格を生かした地域の雑穀振興と連動した取り組みは、とても興味深い内容でした。本社工場、直営店は、静岡県浜松市ですが、東京の松屋銀座にも出店されています。
http://gokokuya.jp/

全国の雑穀研究者が集う、雑穀研究会のシンポジウムは、来年、春華堂さんの地元、浜松が会場になる予定です。

引き続き行われた懇親会も盛会で、会員間で有意義な情報交流を行うことができました。

日本雑穀協会の目的は、雑穀の普及啓発活動を通じて、日本国民の食生活環境の向上や健康増進、食文化の育成、日本農業の発展などに寄与することです。その目的達成のために、引き続き、雑穀の普及に取り組んでまいります。

 

関連記事

  1. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニューオータニのコーヒーショ…

  2. ホワイトソルガム in FOODEX JAPAN

    協会法人会員のアメリカ穀物協会は、3月7日(火)~10日(金)の期間に幕張メッセで開催される「FOO…

  3. いなきび収穫 ~北海道音更町から~

    いなきびの収穫風景の写真、動画紹介今秋、とかち観光大使に就任されるなど、十勝食材の情報発信に取り…

  4. 次回「雑穀塾」は地域雑穀の魅力の伝え方

    雑穀は地域の宝過去2回、雑穀の講演のご依頼をいただいた愛媛県久万高原町。赤・白・黒たかきび、こき…

  5. 業務用食品部門 金賞授賞式開催

    日本雑穀アワードは、2011年に新設された、雑穀を使った優れた食品を表彰する制度です。2017年3月…

  6. 雑穀塾「ブランディングと情報発信」

    有資格者としてブランド構築してさらに活動を広げていくことを目的に、雑穀塾「ブランディングと情報発信」…

  7. 第27回「雑穀塾」タマヤパン工場見学開催

    株式会社米麦館タマヤ(大阪・岸和田)第27回「雑穀塾」は、2016年9月24日(土)に 法人会員…

  8. アサヒ ラボ・ガーデン 雑穀セミナー 好評開催中

    アサヒ ラボ・ガーデンさん主催、雑穀クリエイター梶川 愛さんが講師をつとめる人気の雑穀セミナー「…

PAGE TOP