第29回「雑穀塾」岡山で初開催

雑穀塾のオプション企画

ホリスティックキッチン ミレット にて交流会

雑穀塾終了後は、希望者にて、会場近くの雑穀エキスパート認定者でもある岡田賢治さんオーナーシェフのお店で。

地元玉野産をはじめとした雑穀の他、岡山パクチーなどをたっぷりと使用したお食事とデザート、そして、地ビール、ワインなどすべておいしく、有意義な交流時間となりました。

もち麦圃場ツアー

翌日は、玉野市のもち麦(キラリモチ)圃場視察です。天候にも恵まれて、収穫間近、黄金色に輝くもち麦の穂の中で、至福の時間を過ごしました。

最後は、倉敷美観地区の冨來屋本舗で

昨日の雑穀塾にご参加いただいた、冨來屋本舗さんで昼食、たかきび麺。たかきび焼酎も少し試飲。

きびだんごで有名な、廣榮堂本店さんのお店もすぐ近くです。残念ながら売り切れで試食だけでしたが、こだわりの「むかし吉備団子」、おすすめです。


【関連サイトのご案内】

株式会社森光商店 食料事業部
ユイ・コミュニケーション・ラボ株式会社
赤米を使った「ぱんわーるど総社」
道の駅 みやま公園
たまの温玉めし
冨來屋本舗
 廣榮堂 むかし吉備団子

ページ:
1

2

関連記事

  1. デイリー食品部門<2017・秋>金賞授賞式

    日本雑穀アワードデイリー食品部門<2017・秋>は、製粉会館において、201…

  2. 雑穀をおいしく食べる RECIPE BOOK 出…

    【2017年11月18日(土)に出版記念イベントを開催】雑穀クリエイター…

  3. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニュ…

  4. 第26回雑穀塾「ソルガムの魅力を共有」を開催

    第26回『雑穀塾』のテーマは、ソルガムの魅力を共有2016年8月2日(火…

  5. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ①

    3月9日は、年に一度、雑穀のすばらしさを伝える記念日「雑…

  6. 次回「雑穀塾」は地域雑穀の魅力の伝え方

    雑穀は地域の宝過去2回、雑穀の講演のご依頼をいただいた愛媛県久万高原町。…

  7. 第45回雑穀エキスパート講座 1月開催受付中

    2005年12月にスタートした雑穀エキスパート講座は、今年で13年目に入り、…

  8. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP