第3回 雑穀クッキングワークショップ 開催

2017年最初の企画、1月28日(土)に製粉会館 調理講習会場「大麦サポーターズキッチン」において、第3回雑穀クッキングワークショップを開催いたしました。

P1200732

テーマは、「ブレンド雑穀をおいしく料理に活用する」。
講師をつとめたのは、雑穀クリエイター田中雅子さん。サブテーマ ~食感と彩を楽しむ雑穀のある食卓~ どおり、雑穀が持つ食感と彩りを上手に料理に生かしたメニューには定評があります。

講師が主宰する料理教室のアシスタントもつとめられている、雑穀エキスパートの玉川さんにもお手伝いいただきました。

P1200738

料理デモンストレーションと実習を通じて、雑穀の魅力とおいしさを伝えます。

<今回の実習メニュー>
・ミレットソースのラムチョップグリル ~サワークリームソースを添えて
・ヘルシーエイジングミレットと小豆と黒イチジクの エスニック炊き込みご飯
・マッシュルームソースとアボガドの彩雑穀サラダ
・岩手二戸産有機ひえと豆腐のあったかみぞれ汁

講師が自宅で作ってお持ちいただいた、シコクビエの檸檬ケーキ、もち麦とビーツのディップ、大豆のフムスもご提供いたしました。まさに、「食感と彩を楽しむ雑穀のある食卓」です。

P1200752

ワークショップの最後には、ひえの食べ比べ。

今回のメニューでは、講師お気に入りの岩手県二戸市産有機ひえを使用しましたが、日本には、うるちひえ、もちひえ、半もちひえなど、様々な食感や色の異なるひえがあります。少しだけですが、産地や品種の違いを感じていただきました。

P1200756

雑穀の使い方が広がって、魅力も倍増していきそうです。

参加者アンケートより抜粋
  • 先生の説明・作り方は大変分りやすくとても良かったです。(K.S 様)
  • いつも通りとても美味しい料理を教えていただき参考になりました。またワインやケーキまでご用意いただき、お得感も強かったです。(A.I 様)
  • 自分とは違ったお料理の組み立て方や、ミックス雑穀の使い方がとても新鮮で勉強になりました。講義の進め方も的確でとてもわかりやすかったです。(M.F 様)
  • レシピや、雑穀、食材、説明、充実していました。今後は、古来からの利用法も郷土料理などから学びたいです。(Y.K 様)

6aea648d41c420a96c094a56b03a8dda
参加者へのプレゼントは、今回のメニューでも使用しました
田中雅子さんプロデュースブレンド 「ヘルシーエイジングミレット」です。

ご参加くださいました皆さま、誠にありがとうございました。


田中 雅子さん オフィシャルサイト 雑穀のある食卓 m-kitchen

zakkoku webshop ヘルシーエイジングミレット紹介ページ

関連記事

  1. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ①

    3月9日は、年に一度、雑穀のすばらしさを伝える記念日「雑…

  2. 黒米「きたのむらさき」/上森米穀店

    もち黒米「きたのむらさき」、北海道の圃場から。雑穀エキスパートの鳥越弘嗣…

  3. 雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

    年に一度の情報共有の場、総会開催11月18日(金)、一般社団法人日本雑穀…

  4. 雑穀キッチンステージ in東京ビッグサイト

    より多くの方に雑穀の魅力を知っていただこうと、2017年9月8日(金)、東京…

  5. 岩手県農業研究センター県北農業研究所に訪問

    岩手県軽米町にある岩手県農業研究センター県北農業研究所は、岩手県だけでなく、…

  6. グルメ&ダイニングスタイルショー 2016 春

    「雑穀のスペシャリストがお伝えする、 雑穀の魅力再発見。」グ…

  7. 雑穀は世界の農業遺産

    今年3月、徳島県にし阿波の傾斜地農耕システムが、世界農業遺産に認定されました…

  8. 有資格者講習「グルテンフリー製パン性研究」

    日本雑穀協会は、雑穀の人財育成に力を注いでいます。2005年12月に開講した…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP