雑穀の定義について

日本雑穀協会では、雑穀とは「日本人が主食以外に利用している穀物の総称」と定義し、そのすばらしさを伝えることにより、利用の拡大につとめています。

【雑穀の範囲】
・キビ、アワ、ヒエなどのイネ科の小さな頴果をつける狭義の雑穀
・オオムギ、モロコシ、ハトムギなどのイネ科の穀物
・大豆、黒豆、小豆などの豆類
・ソバ、キノア、アマランサスなどの擬穀
・黒米、赤米、緑米などの有色米
・その他、現代の多くの日本人が主食として利用していない、玄米、全粒粉、トウモロコシなど

 

PAGE TOP