日本雑穀アワード デイリー食品部門に注目

第5回デイリー食品部門の応募商品を受付中

雑穀を使った優れた食品を表彰する制度「日本雑穀アワード」は、現在、第5回デイリー食品部門のエントリー商品を受け付けています。【 応募締め切り日:2月14日(火)】

デイリー食品部門は、パン、スイーツ、弁当、おにぎり、惣菜など、袋や容器に入って販売される、概ね賞味期間が2週間以内の加工食品を対象としています。

cf1097ae6ad117bbf0913798815d31c7

 

「日本雑穀アワード」は、2011年の創設です。そのきっかけは、メディア等で雑穀に対する注目が集まる中で、多くの雑穀を使った商品が多く発売されたことにあります。当時、ブーム的な状況になったがゆえに参入企業が増え、雑穀のおいしさや魅力を損なってしまう商品も数多く見受けられました。

そのため、協会に対して商品選択の指標や基準を求める声が多数あり、雑穀を取り扱う業界の責任として、健全な雑穀市場の形成ための制度の必要性から日本雑穀アワード表彰制度が生まれました。

雑穀を使った優れた食品として、多くの方におすすめできる商品を、雑穀について学び、普及に携わる活動をしている、全国の有資格者が評価する厳正で公正な仕組みは、その後の雑穀市場の健全な市場形成につながっています。

 

bd6910abd9d49e041bdddbce57f29ee41

また、当初は、賞味期間の長い加工食品を対象していましたが、認知度が上がり、様々な商品に雑穀が利用される中で、2015年にデイリー食品部門として、独立した表彰制度を新設いたしました。

<第4回デイリー食品部門 金賞受賞商品>
p1200129

3色キヌアとほうれん草のバランスサラダ  ケンコーマヨネーズ株式会社

P1200254

円熟 五穀、円熟 全粒粉  株式会社神戸屋

P1180664

彩りサラダの雑穀ちらし  株式会社古市庵

 

雑穀の原料供給企業や雑穀生産者組織も注目

過去4回の開催では、パンやおにぎり、弁当、サラダなど、雑穀の特徴を生かしておいしさを伝える極めて優れた食品16点が金賞を受賞しています。協会には、雑穀の原料を供給している企業や雑穀生産者組織も多く所属しており、毎回、どのような食品が受賞するのか興味深く見守っています。

販売場所で見ると、高級スーパーや百貨店の食品売り場、専門店などで取り扱われている食品が金賞を受賞しております。金賞受賞はハードルが高いためか、デイリー食品の取り扱いが多い、コンビニエンスストア向け商品では、残念ながら未だ金賞は誕生していません。

さらなる雑穀普及のためにも、百貨店や専門店で販売される魅力あふれる食品はもちろん、店舗数の多いコンビニエンスストア取り扱い商品で、今回、初の金賞受賞が誕生するかどうかも、注目しています。

P1190453

金賞授賞式&記者発表会の様子

DSC_4020

健全な雑穀の市場形成に貢献する受賞商品


日本雑穀アワード バナー画像

 

 

関連記事

  1. 第3回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    2017年最初の企画、1月28日(土)に製粉会館 調理講習会場「大麦サポーターズキッチン」において、…

  2. 目的は、健全な市場形成「日本雑穀アワード」

    本日、8月25日(木)から「日本雑穀アワード 第4回デイリー食品部門」の応募受付が開始されました。…

  3. 全国各地のイベントで有資格者が活躍

    有資格者が活躍する、雑穀普及に関係するイベントが全国各地で開催されています。1)岡山県玉野市…

  4. 企業・団体向け「雑穀の基本研修」説明会開催

    専門スタッフによる研修説明会を開催日本雑穀協会では、雑穀エキスパート講座をはじめとした資格認定制…

  5. 2016年、国際マメ年も残り2か月弱

    縁がある豆サミット in遠軽 開催2016年は、国連が定めた「国際マメ年(Internation…

  6. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ①

    3月9日は、年に一度、雑穀のすばらしさを伝える記念日「雑穀の日」。今年の協会…

  7. 雑穀をおいしく食べる RECIPE BOOK 出版記念

    【2017年11月18日(土)に出版記念イベントを開催】雑穀クリエイター田中 雅子さんによる初の…

  8. 雑穀塾「資格取得者のお店訪問 in久留米」

    第22回『雑穀塾』は、2015年10月10日(土)に「有資格者が経営、活躍するお店訪問 in久留米」…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP