大麦食品シンポジウムに参加して

普及促進のため、この時期に毎年開催されている大麦食品シンポジウム。日本雑穀協会も賛助会員として入会している大麦食品推進協議会が主催しています。

p1190801

 

今年は、2016年10月8日(土)に、恵比寿ガーデンプレイス内 サッポロビール株式会社の1階講堂で行われました。さすが、今注目されているだけに、抽選になるほどの申し込み状況だったようです。

p1190814

 

様々な有益な講演の中で、小林メディカルクリニック東京の小林暁子院長は、「健美腸で人生が変わる!美しく健康に!!」と題して、腸内環境の大切さをお話されました。便秘や腸内環境の不調で悩んでいる方は、1200万人以上。大腸がんによる女性のがん死亡率もトップになっています。

腸内環境不美人にならないようライフスタイルを改善し、ポイントとなる大麦のような食物繊維豊富な食品や発酵食品を食べて、健美腸ライフを満喫したいものです。

p1190870

配布された「大麦食のすすめ」などの小冊子

 

当シンポジウム、雑穀エキスパート、雑穀アドバイザーなど、資格認定者の方も多くお見かけし、勉強熱心で大麦への関心の高さがうかがえます。

〚次ページ〛 機能性食品としての大麦

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 日本雑穀アワード金賞授賞式開催 2017.3.17

    過去最多のエントリー数 日本雑穀アワード20172017年3月17日(金)、東京・日本橋兜町の製…

  2. 雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

    雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の変化と共に、捉えられ方も…

  3. 第45回雑穀エキスパート講座 1月開催受付中

    2005年12月にスタートした雑穀エキスパート講座は、今年で13年目に入り、通算45回目となる講座を…

  4. デイリー食品部門<2017・秋>金賞授賞式

    日本雑穀アワードデイリー食品部門<2017・秋>は、製粉会館において、2017年9月28日(木)に多…

  5. 年内最後の雑穀朝会は、ハトムギ&パンニュース

    12月19日(火)に今年最後の雑穀朝会を雑穀普及の聖地「東京・日本橋」で開催いたしました。…

  6. 第3回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    2017年最初の企画、1月28日(土)に製粉会館 調理講習会場「大麦サポーターズキッチン」において、…

  7. 6月30日は「夏越ごはんの日」

    今日の昼食は、やよい軒さんで季節限定メニュー「夏越ごはんと彩野菜の豚しゃぶ定食」。そう、今月末の…

  8. 最新、ソルガム情報をテーマに朝会開催

    2017年7月26日(水)07:30~08:45、雑穀普及の聖地 “東京・日本橋”にて、第4回「雑穀…

PAGE TOP