大麦食品シンポジウムに参加して

「もち麦」として、ひとつの雑穀市場へ発展

シンポジウムの最後には、協議会の広報部会から、新たな大麦サポーターズに任命された山下春幸 氏(HAL YAMASHITA オーナー兼エグゼクティブシェフ)が紹介されました。自らの体験をもとに、「もち麦ダイエットレシピ」を出版するなど、もち麦大好きなシェフです。

p1190884

また、シンポジウムの後に放映されたテレビ番組「世界一受けたい授業」では、栄養士が注目する食材の第2位に「もち麦」が選ばれていましたね。

もち麦はもち性の大麦のことですが、メディアでの取り上げ方もあり、多くの方にとっては、雑穀のひとつの種類として認知されているようです。

八穀や、十六穀などのブレンド雑穀でも、いわゆる大麦(押麦、丸麦、はだか麦など)とは別の原材料として記載されています。雑穀素材として見た場合は、大麦ともち麦は、別の素材として認知されているともいえます。

相乗効果でオオムギ全体の市場が伸びていくといいですね。


〚関連サイト〛
大麦食品推進協議会
シンポジウムの内容も詳しく掲載されています。


b5cf1ffab4a4b357ef79d64803120a74

日本雑穀協会の国産もち麦

山下春幸さんのもち麦レシピ本

ページ:
1 2

3

関連記事

  1. 6月30日は「夏越ごはんの日」

    今日の昼食は、やよい軒さんで季節限定メニュー「夏越ごはんと彩野菜の豚しゃぶ定…

  2. 全国各地のイベントで有資格者が活躍

    有資格者が活躍する、雑穀普及に関係するイベントが全国各地で開催されています。…

  3. 雑穀キッチンステージ in東京ビッグサイト

    先週、東京ビッグサイトで開催された展示会「グルメ&ダイニングスタイルショー …

  4. キヌアの人気はまだまだ続いていく

    雑穀アドバイザーのキヌアカフェ料理南武線の武蔵新城駅近く、川崎市のコミュ…

  5. 雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

    雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の…

  6. デイリー食品部門〈2018‐春〉金賞授賞式を開催…

    2018年5月18日(金)、多数のメディア関係者、及び協会役員等が出席のもと…

  7. 年内最後の雑穀朝会は、ハトムギ&パンニュース

    12月19日(火)に今年最後の雑穀朝会を雑穀普及の聖地「東京・日本橋」で開催…

  8. 有資格者講習「グルテンフリー製パン性研究」

    日本雑穀協会は、雑穀の人財育成に力を注いでいます。2005年12月に開講した…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP