デイリー食品部門〈2018‐春〉金賞授賞式を開催

2018年5月18日(金)、多数のメディア関係者、及び協会役員等が出席のもと、東京・日本橋兜町の製粉会館において、日本雑穀アワード デイリー食品部門〈2018・春〉金賞授賞式&記者発表会が開催されました。

 

春・秋の2回開催されるデイリー食品部門は、2015年に新設されて通算7回目となります。今回、雑穀を使ったデイリー食品の中で、極めて優れた食品として、以下の3商品が金賞を受賞されました。

7種の穀物とくるみのパン
株式会社神戸屋


管理栄養士監修 黒米と甘酢唐揚弁当

シノブフーズ株式会社


揚げ茄子とブロッコリーの10品目冷製あん
ヤマダイ食品株式会社

 

受賞企業各社の記念撮影 倉内会長と共に

 

受賞商品の試食

記者からの質疑時間

長澤代表理事よりご挨拶。
お米に混ぜて炊くだけでなく、色々な食品に雑穀が使われることで確実に市場が拡がっています。金賞を受賞されたすばらしい商品を通じて、多くの方に雑穀のおいしさが伝わるものと期待しています。

 

終了後は、個別取材や出席企業間の名刺交換や情報交換などを行いました。

金賞を受賞された皆様、誠におめでとうございます。

 

関連記事

  1. 雑穀は世界の農業遺産

    今年3月、徳島県にし阿波の傾斜地農耕システムが、世界農業遺産に認定されました。認定日は、3月9日「雑…

  2. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ➂

    日本雑穀アワード2018で金賞を初受賞された企業は、濱田精麦株式会社 様、菊水酒造株式会社 様、有限…

  3. 3月9日「雑穀の日」有資格者活動紹介

    各地で「雑穀の日」イベント開催日付は、3・9(ざっこく)の語呂合わせに由来していますが、今、国内…

  4. 全国各地のイベントで有資格者が活躍

    有資格者が活躍する、雑穀普及に関係するイベントが全国各地で開催されています。1)岡山県玉野市…

  5. 最新、ソルガム情報をテーマに朝会開催

    2017年7月26日(水)07:30~08:45、雑穀普及の聖地 “東京・日本橋”にて、第4回「雑穀…

  6. 第45回雑穀エキスパート講座 開催報告

    1月20日(土)、21日(日)の二日間、東京・製粉会館において、45回目となる雑穀エキスパート講座を…

  7. 雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

    雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の変化と共に、捉えられ方も…

  8. 目的は、健全な市場形成「日本雑穀アワード」

    本日、8月25日(木)から「日本雑穀アワード 第4回デイリー食品部門」の応募受付が開始されました。…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP