雑穀塾シコクビエ収穫体験 in長野県伊那市

シコクビエの収穫体験

2016年10月7日(金)に、長野県伊那市で第28回『雑穀塾』
=希少な雑穀「シコクビエ」の収穫体験を通じて、雑穀への理解をさらに深める=を開催いたしました。

天候に恵まれ、畑の状態も良く、気持ちの良い収穫体験日和になりました。

p1190647

実りの時季を迎えたシコクビエ

 

今回のメインは、栽培地が少なく、日本国内では幻の雑穀とも呼ばれる「シコクビエ」。

p1190618

収穫の方法を教わる

 

東アフリカ原産の雑穀です。この地でシコクビエをはじめとした雑穀栽培に取り組み、道の駅で雑穀レストランを営む、吉田洋介さんご指導のもと、収穫体験を実施いたしました。

p1190643

シコクビエの収穫

p1190645

シコクビエの収穫

p1190659

収穫風景

p1190662

雑穀に触れる楽しさ


シコクビエとは
p1190666イネ科オヒシバ属に分類される一年生草本です。
原産地は、エチオピアからウガンダにかけての東アフリカ高原地帯。現在の栽培地は、東アフリカ、インド、ネパールが中心で、東南アジアの中山間地でも作られています。
日本では、中部地方、近畿地方、四国地方の中山間地でわずかに栽培されている程度です。穂の形から、英名ではfinger milletといい、日本では、ヤツマタ、カモアシなど、地域によって呼び名も異なります。
粒の表皮は硬く、多くは粉にして食されます。東アフリカでは、粥や団子状にしたウガリが主食として食べられるほか、ビールとして醸造されています。インドやネパールでも、ロティというパンにしたり、醸造、蒸留して飲まれています。岐阜県や徳島県の国内産地では「だんご」にして食べることが多いようです。

〚次ページ〛 続いて、タカキビの収穫体験へ

ページ:

1

2

関連記事

  1. 水窪雑穀サミット「シンポジウム編」

    二俣から車で約1時間半、水窪に到着。まず最初は、…

  2. 日本雑穀アワード デイリー食品部門に注目

    第5回デイリー食品部門の応募商品を受付中雑穀を使った優れた食品を表彰する…

  3. 岩手の雑穀価値を感じる料理セミナー in盛岡

    岩手雑穀の価値を共に理解し、共有したい、その想いが伝わるように。岩手の雑…

  4. 9/9 雑穀キッチンステージ 東京ビッグサイト

    プロが魅せるキッチンステージ「雑穀は地域の宝!」連続3回目の好評企画、グ…

  5. 第3回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    2017年最初の企画、1月28日(土)に製粉会館 調理講習会場「大麦サポータ…

  6. 雑穀キッチンステージ in東京ビッグサイト

    より多くの方に雑穀の魅力を知っていただこうと、2017年9月8日(金)、東京…

  7. 業務用加工食品部門で3商品の金賞授賞式

    日本雑穀アワード2018《業務用加工食品部門》では、3点の優れた金賞受賞商品…

  8. プレミアム雑穀 ×オイル コラボ試食イベント参加…

    6月19日(火)東京・渋谷のカフェレストランにおいて、プレミアム雑穀「美穀」…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP