menu

毎月17日は「い~な雑穀の日」 長野県伊那市

本日は、1月17日。
長野県伊那市では、毎月17日を「い~な雑穀の日」として、雑穀の振興につとめています。

「17をい~なと読み」、「雑穀を数字で表す3,5,9の合計が17(い~な)」、そして「伊那市の17(い~な)」です。とても良い語呂合わせですね!

p1200539

その活動の一環として、日本雑穀協会が後援、協力して毎年行われている「い~な雑穀フェスタ」。
2016年度は、昨年の12月10日(土)に行われました。

%e9%9b%91%e7%a9%80%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b72016web%e7%94%a8

雑穀料理教室に先立ち、まずは、協会事務局長中西から「いまさら聞けない、雑穀の基礎知識」の講演を行いました。2択のクイズ形式で、9問の伊那の雑穀にまつわる内容をお話させていただきました。

全問正解者はいらっしゃいませんでしたが、8問正解された5名の方に、伊那市では作られていない雑穀「はと麦」品種/北のはと、販売/千野米穀店(北海道産)をプレゼントいたしました。地元伊那市のおいしい雑穀との組み合わせで、さらに雑穀のおいしさを知っていただければと思います。

p1200450

また、今回の講演会にご参加くださった皆さまには、協会事務局から絶品「あわぜんざい」を振る舞いました。寒い中で、ほっとおいしく温まっていただけましたでしょうか。

p1200466

続いて、地元、上伊那農業高校の生徒さんによる雑穀プロジェクト活動発表。今年は作物班1年生の皆さんから、頼もしく雑穀の活動が紹介されました。

p1200467

後半は、大阪から雑穀クリエイター梶川 愛さんを講師に迎えて、雑穀料理教室「雑穀を使ったベジデコケーキ&ガレット作り」です。

今回の実習メニューは3品。丁寧な調理デモンストレーション、そして、実習ではテーブルを回って、個別にポイントをお伝えしていきました。p1200491p1200511

P1200504

<メニュー名>
アマランサスと温野菜のベジデコケーキ
しこくびえのガレット
冬野菜のきびあわスープ

P1200548

P1200558

 

道の駅南アルプスむら「野のもの」さんの前で、今回の企画の主催者でもある吉田洋介さんと一緒に。
伊那の皆さま、誠にありがとうございました。

P1200572

関連記事

  1. 第1回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    日本雑穀協会が認定する雑穀有資格者との料理共催企画「雑穀クッキングワークショップ」がスタートしました…

  2. 雑穀キッチンステージ in東京ビッグサイト

    先週、東京ビッグサイトで開催された展示会「グルメ&ダイニングスタイルショー 2017・春」。…

  3. 世界農業遺産登録を目指す雑穀シンポジウム

    2016年7月15日(金)に徳島・東祖谷(ひがしいや)において、徳島剣山世界農業遺産推進協議会主催、…

  4. 日本雑穀アワード デイリー食品部門に注目

    第5回デイリー食品部門の応募商品を受付中雑穀を使った優れた食品を表彰する制度「日本雑穀アワード」…

  5. 第27回「雑穀塾」タマヤパン工場見学開催

    株式会社米麦館タマヤ(大阪・岸和田)第27回「雑穀塾」は、2016年9月24日(土)に 法人会員…

  6. 愛媛県久万高原町で雑穀講演

    愛媛県中予地方局・久万高原地域固有農産物発掘・活用検討委員会さまよりご依頼いただき、雑穀クリエイター…

  7. 雑穀研究会 Millet Society について

    雑穀研究への招待1988年に設立された雑穀研究会は、雑穀をめぐるあらゆることを研究対象として、農…

  8. 雑穀塾「粟(あわ)の魅力共有」

    日本各地で古の時代から栽培され続けてきた粟(あわ、アワ、Foxtail millet)。祖先は、ねこ…

PAGE TOP