岩手の雑穀価値を感じる料理セミナー in盛岡

岩手雑穀の価値を共に理解し、共有したい、その想いが伝わるように。

岩手の雑穀価値をお伝えし、共にその魅力を実感したいという目的で、9月10日(月)に盛岡ガスクッキングスタジオにて『岩手の雑穀価値を感じる料理セミナー』を開催いたしました。

岩手県内だけでなく、秋田県、青森県など、雑穀に関わる近隣県の皆様にもご参加いただき、岩手雑穀の価値を共有する貴重な時間を持つことができました。

まず、はじめに事務局中西より、全体の雑穀市場の動向や、岩手県産雑穀の魅力や現状、そして、普及への課題と今後の可能性についてお話いたしました。

料理の講師をつとめていただいたのは、雑穀クリエイター田中雅子さん。雑穀の扱い方の基本的なところから応用まで、使用食材についても分かりやすく丁寧な説明があり、参加された皆さんも真剣にメモに書き取られていました。

当日は、地元テレビ局「岩手朝日テレビ」様の取材も入り、その日の夕方のニュースで取り上げられるなど、岩手県における雑穀に対する注目度や位置付けも再認識できたところです。

 

今回のデモンストレーションメニューは4品、岩手食材と合わせて雑穀をたっぷりと使っています。

◇ 岩手県産うるちひえと玉ねぎのムース
ひえのクリーミーな味わいが優しいムース。冷蔵庫でしっかり冷やしてよりおいしく、
冬は温めても。

◇ トマトドレッシングの岩手雑穀ホワイトサラダ
ホワイトブレンドを茹でてトマトソースに浸すだけで簡単!雑穀ドレッシングでカラダもキレイに。

◇ 岩手の黒米エスニックごはん
黒米ごはんが旨みたっぷりの水分を吸って、エスニックな風味を余すことなく味わえる。

◇ 雑穀の里、花巻産はと麦のココナッツ美肌デザート
ダメージを受けた夏の肌に、はと麦と白きくらげで、おいしくキレイに秋を迎えるデザートの一品。

今回のレシピでは、岩手県産100%の講師オリジナル雑穀ブレンド「ヘルシーエイジングミレット はと麦ホワイトブレンド」も使用しています。東京・自由が丘のレストラン等でも使用され、大変好評のようです。

次の写真は「はと麦ホワイトブレンド」の原材料にも使われている、花巻市のはと麦圃場です。今年は特に生育が良いようで、鮮やかに緑色に輝く、たくさんの実をつけたはと麦畑は、一か月先の収穫が楽しみです。

 

今回、日本一の雑穀産地「岩手」に伺って、普及する側、利用する側から見た見た岩手雑穀の魅力をお伝えし、地元の皆様と共に、改めてその価値を感じる目的で開催いたしました。しかし、岩手県よりも秋田県や青森県など、他県の方が多かったのが少し意外でした。地元テレビ局の取材時にもいろいろとお話しましたが、それだけ岩手の雑穀に引きつける魅力があるということと思います。もっともっと岩手雑穀の良さを伝えて、その価値を高める努力を岩手の皆さんと一緒になって取り組んでいきたいと思います。
いつもは東京開催中心ですが、実際に雑穀を作られている産地でセミナーや料理教室を開催し、地域の皆さんと一緒に雑穀の価値や可能性を考える企画をするのも良いですね。企画をご検討いただける方は、お気軽にご連絡ください。

岩手県産雑穀100%使用「ヘルシーエイジングミレット」直販サイトのご案内
m-kitchenセレクトショップ

関連記事

  1. 浜松・天竜「川島米穀店」有資格者のお店訪問

    全国各地に日本雑穀協会が認定する有資格者が活躍するお店があります。9月3日(…

  2. いなきび収穫 ~北海道音更町から~

    いなきびの収穫風景の写真、動画紹介今秋、とかち観光大使に就任されるなど、…

  3. 雑穀塾「ブランディングと情報発信」

    有資格者としてブランド構築してさらに活動を広げていくことを目的に、雑穀塾「ブ…

  4. 有資格者講習「グルテンフリー製パン性研究」

    日本雑穀協会は、雑穀の人財育成に力を注いでいます。2005年12月に開講した…

  5. 毎月17日は「い~な雑穀の日」 長野県伊那市

    本日は、1月17日。長野県伊那市では、毎月17日を「い~な雑穀の日」とし…

  6. 黒米「きたのむらさき」/上森米穀店

    もち黒米「きたのむらさき」、北海道の圃場から。雑穀エキスパートの鳥越弘嗣…

  7. 6月30日は「夏越ごはんの日」

    今日の昼食は、やよい軒さんで季節限定メニュー「夏越ごはんと彩野菜の豚しゃぶ定…

  8. 雑穀塾「粟(あわ)の魅力共有」

    日本各地で古の時代から栽培され続けてきた粟(あわ、アワ、Foxtail mi…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP