第26回雑穀塾「ソルガムの魅力を共有」を開催

ホワイトソルガムきびは、色々な料理に使いやすい

「ホワイトソルガムきび」は、アメリカ穀物協会さんがつけた名前です。最初は「ホワイトソルガム」として紹介していたそうですが、知名度が弱く、食品添加物に間違えられることもあり、語尾に“きび”をつけて、雑穀、食材としてわかりやすくされたとのことです。

ホワイトソルガムきび、聞き慣れずに最初は少し違和感がありましたが、最近では日本のタカキビもソルガムきびという名で呼ばれることもあり、だんだんと浸透してきているようです。

今回のメイン講義は、「ホワイトソルガムきびの魅力と利用」。
アメリカ穀物協会 プログラム/オフィス・マネージャーの星澤道代さんから、とてもわかりやすくお話いただきました。

P1180761

アメリカ穀物協会さんによるメイン講義

P1180764

質疑応答

 

ホワイトソルガムきびの特徴は、他の色のついたソルガムに比べて、匂いや味にクセがなく他の食材と相性が良いことです。今回の食味比較では、その特徴がはっきりとわかりましたが、様々な料理に使いやすそうです。

粒だけでなく、シリアルポップ製品など、多種類の加工品が発売されているのもわかります。

そして、今年2月、アメリカのホワイトソルガムきびに関する視察に参加された、雑穀クリエイター持田怜美さんのお話。「ホワイトソルガムきびアメリカ紀行」と題して、料理や商品、アメリカのソルガム事情を写真を踏まえてお伝えいただきました。

P1180765

ホワイトソルガムきびアメリカ紀行

P1180770

写真も多く、具体的に魅力が伝わりました

 

懇親会はホワイトソルガムきびメニューのあるお店

さて、講義終了後の懇親会は、タクシーで竹芝へ移動して、ヘルシー、ビューティー、フレッシュをコンセプトにした、インターコンチネンタル東京ベイホテル「シェフズ ライブ キッチン」で行いました。

現在、サマースペシャルビュッフェとして、ホワイトソルガムきびのメニューが提供されています。

ホワイトソルガムきびのメニュー
☆ コラーゲンたっぷり夏野菜とソルガムきびの和風スープ
☆ 青パパイヤとグレープフルーツのソルガムきびを使ったさっぱりサラダ
☆ スズキのムニエルとホワイトソルガム、レモンバターソース

その他にも、おいしい料理が盛りだくさんで、レインボーブリッジも見える部屋で、雑穀談義がとても盛り上がりました。

P1180782

夜景もきれいな部屋

P1180771

懇親会

 

今回は、北海道から沖縄まで、全国からご参加くださいました。
これからも共に学び、交流を通じて、正しく雑穀を普及していきたいと思います。

〚次ページ〛 ホワイトソルガムきびメニューを提供しているホテルのご紹介

ページ:
1

2

3

関連記事

  1. 第29回「雑穀塾」岡山で初開催

    雑穀塾、きびだんごの岡山開催2017年5月27日(土)、雑穀のきびを使っ…

  2. 雑穀塾シコクビエ収穫体験 in長野県伊那市

    シコクビエの収穫体験2016年10月7日(金)に、長野県伊那市で第28回…

  3. 第30回「雑穀塾」は商品企画とPR戦略

    第30回「雑穀塾」は、雑穀普及の聖地、東京・日本橋のビジネスカフェセミナール…

  4. 第27回「雑穀塾」タマヤパン工場見学開催

    株式会社米麦館タマヤ(大阪・岸和田)第27回「雑穀塾」は、2016年9月…

  5. 次回「雑穀塾」は地域雑穀の魅力の伝え方

    雑穀は地域の宝過去2回、雑穀の講演のご依頼をいただいた愛媛県久万高原町。…

  6. タマヤパンで雑穀塾開催 9月24日(土)

    第27回雑穀塾は、パン工場見学を中心に農家さんの顔が見える「生産者限定小…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP