menu

雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

特別講演は、株式会社集英社 MyAge編集長

そして、今回の総会特別講演。株式会社集英社 MyAge編集長の宇居直美さんにお願いいたしました。
講演テーマは、「なんとなく」雑穀から、「だから」雑穀へ。

MyAgeの中心読者は、40代後半から60代前半。家庭や仕事も落ち着き、自分のこと、身体のことが気になる世代です。食についても関心が高く、女性誌編集長から見た雑穀の現状についての話は、とても参考になる内容でした。

p1200257

宇居さんがMyAge編集長に就任されたのは1年くらい前で、スーパーフードという言葉のブーム全盛期。最近は少なくなりましたが、当時の誌面をめくると、その言葉が何度も登場し、関連レシピも数多く掲載されています。

p1200222

協会としての基本的な考え方は「雑穀をブームにはしない、雑穀の価値を根付かせる地道な活動を行い、健全な市場を形成する」ことにあります。
今回の講演内容から、言葉の流行に左右されない、雑穀としての固有の価値、そして継続した普及活動の重要性を再認識することとなりました。

p1200228

雑穀の今・・・(講演内容から抜粋)
五穀米、十穀米…といった雑穀米を食べることはふつうに
カフェメニュー、デリメニューも増えてきている
雑穀パン人気、雑穀系スイーツ・もち麦ダイエットの流行

⇒ 今あらためて、日常のなかでもっと、雑穀を使う・食べる選択をしたい気分。 雑穀は、いいことづくめ。ただし、身近な存在になっているようでまだちょっと特殊なイメージ。
もっと、普通に選べる存在であってほしい、一方、ワケあって選ぶ存在でもあってほしい。女性だけでなく、男性にも底力を持つ食材。誰でも、食べなくちゃ!と思う食材のひとつになる。

※ 特別講演の座長をつとめたのは長澤代表理事。最新刊のMyAge秋冬号では、話題のもち麦について、素敵女医さんとの対談の様子が掲載されています。

〚次ページ〛協賛商品は、日本雑穀アワード金賞受賞商品

ページ:
1

2

3

関連記事

  1. 第1回「国産雑穀原料 流通情報交流会」開催

    目的は、健全な雑穀の産地形成日本雑穀協会では、健全な雑穀の普及につなげる…

  2. 有資格者講習「グルテンフリー製パン性研究」

    日本雑穀協会は、雑穀の人財育成に力を注いでいます。2005年12月に開講した…

  3. デイリー食品部門〈2018・秋〉金賞授賞式開催

    雑穀を使った優れた食品を表彰する制度日本雑穀アワード。2018年10月2…

  4. 水窪雑穀サミット参加報告「ダイニング編2」

    雑穀研究会、日本雑穀協会を代表して、倉内伸幸会長による挨拶す…

  5. 業務用加工食品部門で3商品の金賞授賞式

    日本雑穀アワード2018《業務用加工食品部門》では、3点の優れた金賞受賞商品…

  6. キヌアの人気はまだまだ続いていく

    雑穀アドバイザーのキヌアカフェ料理南武線の武蔵新城駅近く、川崎市のコミュ…

  7. デイリー食品部門〈2018‐春〉金賞授賞式を開催…

    2018年5月18日(金)、多数のメディア関係者、及び協会役員等が出席のもと…

  8. デイリー食品部門<2017・秋>金賞授賞式

    日本雑穀アワードデイリー食品部門<2017・秋>は、製粉会館において、201…

PAGE TOP