雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

特別講演は、株式会社集英社 MyAge編集長

そして、今回の総会特別講演。株式会社集英社 MyAge編集長の宇居直美さんにお願いいたしました。
講演テーマは、「なんとなく」雑穀から、「だから」雑穀へ。

MyAgeの中心読者は、40代後半から60代前半。家庭や仕事も落ち着き、自分のこと、身体のことが気になる世代です。食についても関心が高く、女性誌編集長から見た雑穀の現状についての話は、とても参考になる内容でした。

p1200257

宇居さんがMyAge編集長に就任されたのは1年くらい前で、スーパーフードという言葉のブーム全盛期。最近は少なくなりましたが、当時の誌面をめくると、その言葉が何度も登場し、関連レシピも数多く掲載されています。

p1200222

協会としての基本的な考え方は「雑穀をブームにはしない、雑穀の価値を根付かせる地道な活動を行い、健全な市場を形成する」ことにあります。
今回の講演内容から、言葉の流行に左右されない、雑穀としての固有の価値、そして継続した普及活動の重要性を再認識することとなりました。

p1200228

雑穀の今・・・(講演内容から抜粋)
五穀米、十穀米…といった雑穀米を食べることはふつうに
カフェメニュー、デリメニューも増えてきている
雑穀パン人気、雑穀系スイーツ・もち麦ダイエットの流行

⇒ 今あらためて、日常のなかでもっと、雑穀を使う・食べる選択をしたい気分。 雑穀は、いいことづくめ。ただし、身近な存在になっているようでまだちょっと特殊なイメージ。
もっと、普通に選べる存在であってほしい、一方、ワケあって選ぶ存在でもあってほしい。女性だけでなく、男性にも底力を持つ食材。誰でも、食べなくちゃ!と思う食材のひとつになる。

※ 特別講演の座長をつとめたのは長澤代表理事。最新刊のMyAge秋冬号では、話題のもち麦について、素敵女医さんとの対談の様子が掲載されています。

〚次ページ〛協賛商品は、日本雑穀アワード金賞受賞商品

ページ:
1

2

3

関連記事

  1. 6月30日は「夏越ごはんの日」

    今日の昼食は、やよい軒さんで季節限定メニュー「夏越ごはんと彩野菜の豚しゃぶ定…

  2. デイリー食品部門<2017・秋>金賞授賞式

    日本雑穀アワードデイリー食品部門<2017・秋>は、製粉会館において、201…

  3. 「雑穀朝会」を開催 2017.4.19

    日本雑穀協会の法人会員をはじめ、雑穀に携わる企業の事務所が多く集まる東京・日…

  4. 水窪雑穀サミット参加報告「ダイニング編2」

    雑穀研究会、日本雑穀協会を代表して、倉内伸幸会長による挨拶す…

  5. プレミアム雑穀 ×オイル コラボ試食イベント参加…

    6月19日(火)東京・渋谷のカフェレストランにおいて、プレミアム雑穀「美穀」…

  6. 2016年、国際マメ年も残り2か月弱

    縁がある豆サミット in遠軽 開催2016年は、国連が定めた「国際マメ年…

  7. 日本雑穀アワード金賞授賞式開催 2017.3.1…

    過去最多のエントリー数 日本雑穀アワード20172017年3月17日(金…

  8. 水窪雑穀サミット参加報告「シンポジウム編」

    二俣から車で約1時間半、水窪に到着。まず最初は、…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP