雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

協賛商品は、日本雑穀アワード金賞受賞商品

今回、参加された皆さんにご提供いただいたのが、株式会社神戸屋さんの「円熟五穀」「円塾全粒粉」。デイリー食品部門金賞受賞マークが印刷された商品が流通し、販売も好調のようです。

p1200252

また、交流会では、第4回デイリー食品部門の金賞受賞商品「3色キヌアとほうれん草のバランスサラダ」もご用意しました。
多くの方に雑穀の魅力とおいしさを知っていただけるよう、日本雑穀アワード金賞受賞商品の販売促進に、協会として引き続き協力していきたいと思います。

p1200239p1200250

雑穀の普及という共通のテーマで集う会員や有資格者。雑穀への注目度も増して、雑穀業界も順調に発展し、交流会も盛り上がります。

p1200246

p1200241

日本雑穀協会は、これからも会員、有資格者の皆さまと共に、雑穀の普及、健全な雑穀市場の形成に寄与してまいります。


<関連サイト>
MyAgeオンラインメディア OurAge
株式会社米麦館タマヤ
日本雑穀アワード第4回デイリー食品部門 金賞受賞商品

ページ:
1 2

3

関連記事

  1. 日本雑穀アワード金賞授賞式開催 2017.3.17

    過去最多のエントリー数 日本雑穀アワード20172017年3月17日(金)、東京・日本橋兜町の製…

  2. 第13期定時総会&総会報告会を開催

    2017年11月17日(金)に、法人正会員、協会役員を対象とした第13期定時総会、及び、法人賛同会員…

  3. 最新、ソルガム情報をテーマに朝会開催

    2017年7月26日(水)07:30~08:45、雑穀普及の聖地 “東京・日本橋”にて、第4回「雑穀…

  4. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニューオータニのコーヒーショ…

  5. 第3回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    2017年最初の企画、1月28日(土)に製粉会館 調理講習会場「大麦サポーターズキッチン」において、…

  6. 2016年、国際マメ年も残り2か月弱

    縁がある豆サミット in遠軽 開催2016年は、国連が定めた「国際マメ年(Internation…

  7. 雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

    雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の変化と共に、捉えられ方も…

  8. キヌアの人気はまだまだ続いていく

    雑穀アドバイザーのキヌアカフェ料理南武線の武蔵新城駅近く、川崎市のコミュニティカフェ「メサ・グラ…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP