水窪雑穀サミット「ダイニング編」

一夜限りのダイニング会場は、浜松市中心部から車で約2時間半、景色のすばらしい山間にあります。

この場所に特設テント(といってもかなりしっかりした作りです)に、ダイニング会場が作られています。

会場のまわりには、アワの畑。水窪地域で古くから作られている「ネコアシアワ」です。

昨日までが雨で、明日には大型台風が接近中という中で、奇跡的にこの日、この時間だけ晴れ間がのぞく時間は、参加者にとって至福のときになりそうです。

 

玉手箱のような最初のメニューで、アワの穂をゆっくりと紐解いてから始まります。

有名シェフによる饗宴は、雑穀がどのように料理されていくのか、期待が膨らんでいきます。

 

関連記事

  1. 2016年、国際マメ年も残り2か月弱

    縁がある豆サミット in遠軽 開催2016年は、国連が定めた「国際マメ年…

  2. 雑穀にかき揚げのせて暑さ乗り切る夏越の日

    お米に雑穀を加えて炊いたごはんの上に、旬の夏野菜で作ったかき揚げをのせたどん…

  3. 水窪雑穀サミット「シンポジウム編」

    二俣から車で約1時間半、水窪に到着。まず最初は、…

  4. 第13期定時総会&総会報告会を開催

    2017年11月17日(金)に、法人正会員、協会役員を対象とした第13期定時…

  5. 雑穀をおいしく食べる RECIPE BOOK 出…

    【2017年11月18日(土)に出版記念イベントを開催】雑穀クリエイター…

  6. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ➁

    「雑穀の日」記念イベントの後半は、日本雑穀アワード2018金賞授賞式を開催い…

  7. 目的は、健全な市場形成「日本雑穀アワード」

    本日、8月25日(木)から「日本雑穀アワード 第4回デイリー食品部門」の応募…

  8. プレミアム雑穀 ×オイル コラボ試食イベント参加…

    6月19日(火)東京・渋谷のカフェレストランにおいて、プレミアム雑穀「美穀」…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP