水窪雑穀サミット参加報告「ダイニング編1」

一夜限りのダイニング会場は、浜松市中心部から車で約2時間半、景色のすばらしい山間にあります。

この場所に特設テント(といってもかなりしっかりした作りです)に、ダイニング会場が作られています。

会場のまわりには、アワの畑。水窪地域で古くから作られている「ネコアシアワ」です。

昨日までが雨で、明日には大型台風が接近中という中で、奇跡的にこの日、この時間だけ晴れ間がのぞく時間は、参加者にとって至福のときになりそうです。

 

玉手箱のような最初のメニューで、アワの穂をゆっくりと紐解いてから始まります。

有名シェフによる饗宴は、雑穀がどのように料理されていくのか、期待が膨らんでいきます。

 

関連記事

  1. デイリー食品部門〈2018・秋〉金賞授賞式開催

    雑穀を使った優れた食品を表彰する制度日本雑穀アワード。2018年10月2…

  2. 雑穀にかき揚げのせて暑さ乗り切る夏越の日

    お米に雑穀を加えて炊いたごはんの上に、旬の夏野菜で作ったかき揚げをのせたどん…

  3. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニュ…

  4. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ①

    3月9日は、年に一度、雑穀のすばらしさを伝える記念日「雑…

  5. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年…

  6. 水窪雑穀サミット参加報告「ダイニング編2」

    雑穀研究会、日本雑穀協会を代表して、倉内伸幸会長による挨拶す…

  7. デイリー食品部門<2017・秋>金賞授賞式

    日本雑穀アワードデイリー食品部門<2017・秋>は、製粉会館において、201…

  8. 2016年、国際マメ年も残り2か月弱

    縁がある豆サミット in遠軽 開催2016年は、国連が定めた「国際マメ年…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP