6月30日は「夏越ごはんの日」

今日の昼食は、やよい軒さんで季節限定メニュー「夏越ごはんと彩野菜の豚しゃぶ定食」
そう、今月末の6月30日は、「夏越ごはんの日」なのです。

さて、「夏越ごはんの日」とは、どういう日なのでしょうか。


粟や豆などが入った雑穀ごはんに、夏野菜の丸いかき揚げをのせ、しょうがを効かせたおろしだれをかけた「夏越ごはん」を食べて一年の前半の厄を払い、残り半年の無病息災を願う、昨年から公益社団法人米穀安定供給確保支援機構さんが提唱している新しい行事食の記念日です。日本記念日協会にも登録されています。


夏越ごはんの由来は、6月の晦日に行われている神事「夏越の祓(はらえ)」から。
鳥居の下や拝殿の前などに茅や藁で作った大きな輪を設け、一年の前半の罪や穢れを祓い、残り半年間の無病息災を祈る「茅の輪くぐり」の「茅の輪」をイメージしているそうです。

記念日に合わせて、東京都内のいろいろなお店で雑穀ごはんの「夏越ごはん」が提供されています。詳しくは、こちらの夏越ごはん公式サイトをご覧ください。

ごはんは、白米ごはんでなく、粟や豆などを入れた栄養豊富な「雑穀ごはん」としているところが当協会としては注目ですね。どうしても夏の暑い季節には、お米の消費が減ってしまいます。栄養やエネルギーに満ちた雑穀の力を携えて、元気に夏を乗り切る夏越ごはん。お米業界も雑穀への注目度が確実に向上しています。健康を意識した主食へのこだわり、時代の変化が感じられます。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

ごはんは、十六穀米

 

雑穀ごはんの「夏越ごはんの日」、また、一年を通じて行われる様々な「雑穀にまつわる記念日」通じて、あたりまえのように雑穀ごはんが毎日の食卓に並び、雑穀の力が日本中の皆さまの健康に寄与できればと思います。

なお、「夏越ごはんの日」に協力している55の神社では、6月30日に「雑穀米」をご神饌として配布されるようなので、お近くの方はぜひどうぞ。

これからの6月最終週、「夏越ごはん」を提供しているお店で食べてみるのも良いですし、炊きたてのおいしい雑穀ごはんに、揚げたての夏野菜のかき揚げをのせた自家製「夏越ごはん」をご自宅で作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 第45回雑穀エキスパート講座 1月開催受付中

    2005年12月にスタートした雑穀エキスパート講座は、今年で13年目に入り、通算45回目となる講座を…

  2. 雑穀研究会 Millet Society について

    雑穀研究への招待1988年に設立された雑穀研究会は、雑穀をめぐるあらゆることを研究対象として、農…

  3. 第45回雑穀エキスパート講座 開催報告

    1月20日(土)、21日(日)の二日間、東京・製粉会館において、45回目となる雑穀エキスパート講座を…

  4. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニューオータニのコーヒーショ…

  5. 雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

    年に一度の情報共有の場、総会開催11月18日(金)、一般社団法人日本雑穀協会は、第12期定時総会…

  6. 「雑穀朝会開催」 岩手雑穀の現状とこれから

    聖地・日本橋「雑穀朝会」2017年6月21日(水)開催第3回となる雑穀朝会、ミニレクチャーのテー…

  7. プレミアム雑穀 ×オイル コラボ試食イベント参加

    6月19日(火)東京・渋谷のカフェレストランにおいて、プレミアム雑穀「美穀」(株式会社長寿乃里 様)…

  8. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年大麦産地で開催されている…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP