いなきび収穫 ~北海道音更町から~

北海道音更町「いなきび研究組」について

いなきび研究組(代表 山崎康幸さん)は、生産者や製パン業者、料理研究家らをメンバーに2012年に設立されました。

音更(おとふけ)町産の雑穀「いなきび」の付加価値向上と消費拡大を目指して、いなきびを使ったレシピや商品開発、地元の学校給食への利用促進など様々な活動をしています。

p1190844p1190843

音更町は、帯広市の隣町。日本有数の雑穀産地、いなきびの生産も盛んな岩手県軽米町と姉妹町を結んでから30年を迎え、雑穀を通じた交流もあるようです。

いなきび研究組の活動については、以下のYouTubeでもわかりやすく紹介されています。

とかち山崎農場 いなきびの1年 – 種まきから食べるまで -山ちゃんのいなきび

 

今回、情報をいただき、音更町のいなきびはどのような味なのか興味がありましたので、音更町物産協会さんの通販サイトで「山ちゃんのいなきび」を購入しました。

「山ちゃん」とは、生産されている山崎康幸さんのことですね。ちなみに「いなきび」とは、北海道や東北地方で呼ばれる「もちきび」のことです。

同じ地域で栽培されていた草丈の高い「たかきび」と区別することから、イネのようなキビという意味で、そのように呼ばれていたのではないかと思います。

p1190828

山ちゃんのいなきび商品

 

音更町のいなきびは粒が大きくて、炊飯すると色鮮やかな黄金色に輝きました。

p1190836

いなきびご飯

 

粒の大きないなきびを2割加えて炊いたご飯は、もっちもちでとても美味しかったです。

p1190825

粒が大きいのが特徴


〚関連サイト〛

雑穀クリエイター 栂安 信子 さん 
Nobu Kitchenへようこそ

いなきび研究組 
フェイスブックページ

音更町物産協会 通信販売「おとふけ新鮮便」


 

ページ:
1

2

関連記事

  1. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニューオータニのコーヒーショ…

  2. 雑穀塾「有資格者のお店訪問 in京都」

    資格認定者のお店訪問、5月29日に「雑穀塾in京都」を開催いたしました。伺ったのは、雑穀エキ…

  3. 日本雑穀アワード金賞授賞式開催 2017.3.17

    過去最多のエントリー数 日本雑穀アワード20172017年3月17日(金)、東京・日本橋兜町の製…

  4. 第45回雑穀エキスパート講座 1月開催受付中

    2005年12月にスタートした雑穀エキスパート講座は、今年で13年目に入り、通算45回目となる講座を…

  5. 大麦食品シンポジウムに参加して

    普及促進のため、この時期に毎年開催されている大麦食品シンポジウム。日本雑穀協会も賛助会員として入会し…

  6. 雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

    年に一度の情報共有の場、総会開催11月18日(金)、一般社団法人日本雑穀協会は、第12期定時総会…

  7. 6月30日は「夏越ごはんの日」

    今日の昼食は、やよい軒さんで季節限定メニュー「夏越ごはんと彩野菜の豚しゃぶ定食」。そう、今月末の…

  8. 「雑穀朝会開催」 岩手雑穀の現状とこれから

    聖地・日本橋「雑穀朝会」2017年6月21日(水)開催第3回となる雑穀朝会、ミニレクチャーのテー…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP