2016年、国際マメ年も残り2か月弱

縁がある豆サミット in遠軽 開催

2016年は、国連が定めた「国際マメ年(International Year of Pulses)」です。この度、この国際年を記念して、在来種の豆の町、北海道遠軽町において、2016年10月28日(土)・29日(日)の二日間、「縁がある豆サミット」が開催されました。

主催は、雑穀アドバイザーの辻本宜子さんを中心とした、地元で在来種の豆の普及に取り組む方々です。遠くは、九州・宮古島など、全国各地から大勢の参加者で賑わい、様々な企画で盛り上がった豆イベントとなりました。

p1190963

監修商品「お豆たっぷり国産五目ごはんの素」と雑穀アドバイザー辻本宜子さん

p1190965

地元のべにや長谷川商店さんが取り扱う豆の数々

 

こちらは、オホーツク圏で活躍するフルートとギターの夫婦ユニット「ホラネロ」。フルートのきれいな音色、白花豆を栽培する支柱で作った白花笛での演奏。そして、美しいオホーツクの自然や麦畑の映像。豆を選別する唐箕の音などとの組み合わせなど、とても楽しめるコンサートでした。

p1200010

フルート&ギターのユニット「ホラネロ」演奏

 

そして、トーク&交流会では、豆づくしのグリーンカレーと共に行われました。それぞれの方とご縁ができた「えんがある」豆サミットです。

p1200021

交流会の様子

 

〚次ページ〛交流会で日本一に選ばれた豆腐を試食

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. キヌアの人気はまだまだ続いていく

    雑穀アドバイザーのキヌアカフェ料理南武線の武蔵新城駅近く、川崎市のコミュ…

  2. 「雑穀朝会開催」 岩手雑穀の現状とこれから

    聖地・日本橋「雑穀朝会」2017年6月21日(水)開催第3回となる雑穀朝…

  3. 第45回雑穀エキスパート講座 1月開催受付中

    2005年12月にスタートした雑穀エキスパート講座は、今年で13年目に入り、…

  4. 雑穀は世界の農業遺産

    今年3月、徳島県にし阿波の傾斜地農耕システムが、世界農業遺産に認定されました…

  5. い~な雑穀フェスタ2015 in長野県伊那市

    2015年12月5日(土)、雑穀産地の長野県伊那市において「い~な雑穀フェス…

  6. 日本雑穀アワード金賞授賞式開催 2017.3.1…

    過去最多のエントリー数 日本雑穀アワード20172017年3月17日(金…

  7. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年…

  8. 年内最後の雑穀朝会は、ハトムギ&パンニュース

    12月19日(火)に今年最後の雑穀朝会を雑穀普及の聖地「東京・日本橋」で開催…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP