2016年、国際マメ年も残り2か月弱

縁がある豆サミット in遠軽 開催

2016年は、国連が定めた「国際マメ年(International Year of Pulses)」です。この度、この国際年を記念して、在来種の豆の町、北海道遠軽町において、2016年10月28日(土)・29日(日)の二日間、「縁がある豆サミット」が開催されました。

主催は、雑穀アドバイザーの辻本宜子さんを中心とした、地元で在来種の豆の普及に取り組む方々です。遠くは、九州・宮古島など、全国各地から大勢の参加者で賑わい、様々な企画で盛り上がった豆イベントとなりました。

p1190963

監修商品「お豆たっぷり国産五目ごはんの素」と雑穀アドバイザー辻本宜子さん

p1190965

地元のべにや長谷川商店さんが取り扱う豆の数々

 

こちらは、オホーツク圏で活躍するフルートとギターの夫婦ユニット「ホラネロ」。フルートのきれいな音色、白花豆を栽培する支柱で作った白花笛での演奏。そして、美しいオホーツクの自然や麦畑の映像。豆を選別する唐箕の音などとの組み合わせなど、とても楽しめるコンサートでした。

p1200010

フルート&ギターのユニット「ホラネロ」演奏

 

そして、トーク&交流会では、豆づくしのグリーンカレーと共に行われました。それぞれの方とご縁ができた「えんがある」豆サミットです。

p1200021

交流会の様子

 

〚次ページ〛交流会で日本一に選ばれた豆腐を試食

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニューオータニのコーヒーショ…

  2. デイリー食品部門<2017・秋>金賞授賞式

    日本雑穀アワードデイリー食品部門<2017・秋>は、製粉会館において、2017年9月28日(木)に多…

  3. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ①

    3月9日は、年に一度、雑穀のすばらしさを伝える記念日「雑穀の日」。今年の協会…

  4. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年大麦産地で開催されている…

  5. 第1回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    日本雑穀協会が認定する雑穀有資格者との料理共催企画「雑穀クッキングワークショップ」がスタートしました…

  6. 全国各地のイベントで有資格者が活躍

    有資格者が活躍する、雑穀普及に関係するイベントが全国各地で開催されています。1)岡山県玉野市…

  7. ベターホーム協会の食文化セミナー「雑穀」

    雑穀クリエイター田中 雅子さんが継続して講師をつとめている一般財団法人ベターホーム協会主催の食文…

  8. 7月15日に徳島・東祖谷にて雑穀シンポジウム

    徳島県三好市東祖谷古くから雑穀が栽培されている徳島県三好市東祖谷において、7月15日(金)に世界…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP