2016年、国際マメ年も残り2か月弱

国際マメ年は、残り2か月を切る

今年は国連が定めた国際マメ年です。その記念すべき年は残すところ、2か月を切っています。この国際マメ年で対象となっているマメ(Pulses)は、小豆、えんどう豆、ひよこ豆などであり、油成分の多い大豆や落花生は含まれていません。世界各地で栽培されている、様々な地域の在来種を中心とした豆が主役です。

logo_iyp-ja-low-horizontal

在来品種と育成品種、数多くの豆について知る機会を与えてくれている国際マメ年。残念ながら知らない方も多く、国内では認知度は低いようです。2013年の国際キヌア年の時もそうでしたが、その年は、シンポジウムなどが何回か行われたくらいの印象で、全体として盛り上がりに欠けていた感がありました。しかし、翌年からはメディアに取り上げられる機会が増え、メニューや商品に取り入れられ、一気に認知度が向上しました。

豆についても、国際年が終了した後、キヌアのように継続して認知されていくには、おいしくて魅力ある料理を伝え、加工品をどれだけ商品化できるかです。また、私たち雑穀の普及に携わる立場としても、どれだけ多くの方に、豆のおいしさや魅力を伝え続けることができるかです。残り2か月、来年以降にもつながる活動に結び付けていきたいと思います。

※ 国際マメ年について詳しく知りたい方は、下記(公社) 国際農林業協働協会発行のレポートがわかりやすいのでおすすめです。


世界の農林水産 Spring 2016 No.842
特集 持続可能な未来に向けて 栄養あるマメを  国際マメ年2016


<関連サイト>
国際マメ年についてーFAO駐日連絡事務所
縁がある豆サミット in遠軽
第2回全国豆腐品評会 主催(一財)全国豆腐連合会

ページ:
1 2

3

関連記事

  1. 雑穀塾「有資格者のお店訪問 in大阪」

    有資格者のお店に訪問する雑穀塾の特別企画in大阪。2015年9月11日(金)に雑穀エキスパート前…

  2. 雑穀をおいしく食べる RECIPE BOOK 出版記念

    【2017年11月18日(土)に出版記念イベントを開催】雑穀クリエイター田中 雅子さんによる初の…

  3. 雑穀にパクチー/クッキングワークショップ開催

    講師は、雑穀とパクチーの専門家第2回雑穀クッキングワークショップの講師は、雑穀アドバイザー牛田う…

  4. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年大麦産地で開催されている…

  5. 企業・団体向け「雑穀の基本研修」説明会開催

    専門スタッフによる研修説明会を開催日本雑穀協会では、雑穀エキスパート講座をはじめとした資格認定制…

  6. 第45回雑穀エキスパート講座 開催報告

    1月20日(土)、21日(日)の二日間、東京・製粉会館において、45回目となる雑穀エキスパート講座を…

  7. 雑穀は世界の農業遺産

    今年3月、徳島県にし阿波の傾斜地農耕システムが、世界農業遺産に認定されました。認定日は、3月9日「雑…

  8. 雑穀塾「ブランディングと情報発信」

    有資格者としてブランド構築してさらに活動を広げていくことを目的に、雑穀塾「ブランディングと情報発信」…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP