キヌアの人気はまだまだ続いていく

雑穀アドバイザーのキヌアカフェ料理

南武線の武蔵新城駅近く、川崎市のコミュニティカフェ「メサ・グランデ」において行われた、日本キヌア協会主催の「一日キヌアカフェ」。

料理ご担当のおひとり、雑穀アドバイザー藤﨑昌美さんによるキヌアランチをいただきました。

P1180920

P1180858

ランチセットはA、Bの2種類提供されており、藤﨑さんのご担当は “ランチセットB”で、以下のメニューです。

・キヌアと肉そぼろのエスニックご飯
・レモングラス茎のキヌア入り肉巻き
・キヌアと青パパイヤのサラダ

夏にぴったりのエスニックご飯は、パクチーがたっぷりで、キヌアとの相性も良く、しっかりと混ぜ合わせることで香りがいっぱいに広がります。

P1180880

そぼろキヌアの味付けが抜群です

P1180899

パクチーの風味がいっぱいに広がる

 

定番のキヌアサラダも旬な青パパイヤを加えることで、彩りもさらにキレイです。

P1180908

キヌアサラダ

P1180912

デザートには、キヌアゼリー

 

雑穀アドバイザー藤﨑昌美さんは、料理教室「小粒な暮らし」を主宰し、生協などでも料理講習会の講師をつとめています。

P1180915

ボリビア産の大粒キヌアと共に

 

本当にどれもおいしいキヌアカフェメニューでした。
これからもパワー満載の小粒の雑穀を活用して、おいしいメニューを多くの方にぜひ伝えてください。

〚次ページ〛 貿易統計からみるキヌアの人気

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 最新、ソルガム情報をテーマに朝会開催

    2017年7月26日(水)07:30~08:45、雑穀普及の聖地 “東京・日本橋”にて、第4回「雑穀…

  2. 3月9日「雑穀の日」記念イベント開催 ①

    3月9日は、年に一度、雑穀のすばらしさを伝える記念日「雑穀の日」。今年の協会…

  3. 雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

    雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の変化と共に、捉えられ方も…

  4. 世界農業遺産登録を目指す雑穀シンポジウム

    2016年7月15日(金)に徳島・東祖谷(ひがしいや)において、徳島剣山世界農業遺産推進協議会主催、…

  5. 毎月17日は「い~な雑穀の日」 長野県伊那市

    本日は、1月17日。長野県伊那市では、毎月17日を「い~な雑穀の日」として、雑穀の振興につとめて…

  6. 雑穀塾「粟(あわ)の魅力共有」

    日本各地で古の時代から栽培され続けてきた粟(あわ、アワ、Foxtail millet)。祖先は、ねこ…

  7. 愛媛県久万高原町で雑穀講演

    愛媛県中予地方局・久万高原地域固有農産物発掘・活用検討委員会さまよりご依頼いただき、雑穀クリエイター…

  8. 企業・団体向け「雑穀の基本研修」説明会開催

    専門スタッフによる研修説明会を開催日本雑穀協会では、雑穀エキスパート講座をはじめとした資格認定制…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP