世界農業遺産登録を目指す雑穀シンポジウム

2016年7月15日(金)に徳島・東祖谷(ひがしいや)において、徳島剣山世界農業遺産推進協議会主催、世界農業遺産登録を目指したシンポジウム「雑穀の魅力 ~雑穀に見る地域振興の可能性~」が開催されました。

協議会の地域パートナー、地元徳島の横関食糧工業株式会社の雑穀クリエイター横関実香さん、及び事務局の中西が講演とパネルディスカッションで参加させていただきました。

P1180697

会場入口

P1180701

会場と祖谷川

 

会場は、平家落人伝説が今に伝わる秘境、旧東祖谷山村、三好市東祖谷東祖谷歴史民俗資料館です。清らかに流れる祖谷川のほとりにあります。

徳島剣山系のにし阿波地域(三好市・美馬市・つるぎ町・東みよし町)の自治体、企業、雑穀生産者、マスコミ関係者等、多数の方々にお集まりいただきました。

IMG_2621

会場の様子

P1180715

内藤 准教授による説明

 

協議会会長の兼西 茂つるぎ町長、及び、副会長の黒川 征一三好市長から、登録へ向けた活動の意義などを強く語られたあと、オブザーバーをつとめている徳島大学総合科学部の内藤 直樹 准教授から、これまでの取り組みや世界農業遺産についてわかりやすくお話されました。

続いて、事務局中西から「雑穀を取り巻く現状と産地での取り組みについて」と題して、お話させていただきました。

IMG_2637

雑穀についての現状から

IMG_2642

様々な雑穀産地での取り組みなど

 

そして、雑穀クリエイター横関実香さんは「徳島の雑穀~地域での活動を通じて見えてきたもの~」と題して、今まで取り組んできた雑穀振興における様々な活動と、これからのことについてお話されました。

IMG_2643

地元徳島の雑穀の普及に取り組む

IMG_2647

雑穀料理教室や徳島マルシェの活動など

 

後半は、「雑穀を活かした地域づくり」と題したパネルディスカッションです。

コーディネーターは、内藤 直樹 准教授、パネリストには、講演者の横関実香さん、中西、そして、今年立ち上げた祖谷雑穀生産組合の杉平美和組合長、また組合員でもある宮地 敏明 三好市役所 東祖谷支所長の4名が登壇して行われました。

登録を目指す「徳島剣山の傾斜地農耕システム」は、その中心ともいえる雑穀栽培の次世代への継承がかかせないものとなっています。

IMG_2661

パネルディスカッションの様子

 

固い土に適したシコクビエ 2

 

写真は、アフリカ原産の雑穀「シコクビエ」。
こちら地域ではヤツマタと呼ばれ、古くから貴重な食糧源として栽培されていたそうです。

在来種が実際に栽培されている、全国でも希少な地域です。

 

今までの当協議会の企画では、日本大学生物資源科学部倉内研究室 加藤太助教による講演や、日本雑穀協会松田美智子理事とのモニターツアーも行われています。

引き続き、雑穀クリエイター横関実香さんのご活躍を応援し、登録に向けて情報発信等を行っていきたいと思います。

なお、こちらの徳島剣山世界農業遺産推進協議会シンポジウムサイトでは、シンポジウムの様子が映像でもご覧いただけます。

関連記事

  1. 浜松・天竜「川島米穀店」有資格者のお店訪問

    全国各地に日本雑穀協会が認定する有資格者が活躍するお店があります。9月3日(…

  2. 愛媛県久万高原町で雑穀講演

    愛媛県中予地方局・久万高原地域固有農産物発掘・活用検討委員会さまよりご依頼い…

  3. 3月9日「雑穀の日」有資格者活動紹介

    各地で「雑穀の日」イベント開催日付は、3・9(ざっこく)の語呂合わせに由…

  4. 雑穀にパクチー/クッキングワークショップ開催

    講師は、雑穀とパクチーの専門家第2回雑穀クッキングワークショップの講師は…

  5. 黒米「きたのむらさき」/上森米穀店

    もち黒米「きたのむらさき」、北海道の圃場から。雑穀エキスパートの鳥越弘嗣…

  6. 企業・団体向け「雑穀の基本研修」説明会開催

    専門スタッフによる研修説明会を開催日本雑穀協会では、雑穀エキスパート講座…

  7. 雑穀キッチンステージ in東京ビッグサイト

    より多くの方に雑穀の魅力を知っていただこうと、2017年9月8日(金)、東京…

  8. 水窪雑穀サミット参加報告「シンポジウム編」

    二俣から車で約1時間半、水窪に到着。まず最初は、…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP