雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の変化と共に、捉えられ方も変わってきております。主要作物が育たない地域では、たとえば、東アフリカのシコクビエ、南米のキノアなど、日本から見れば雑穀であっても、その土地では、主要な作物(主食)として扱われています。

millet、cereal、雑穀

古くからの類型で穀物は、主穀雑穀菽穀擬穀に分けられ、主穀は主食作物(三大穀物)であるイネ、コムギ、トウモロコシを指し、雑穀はイネ科作物のうち、小さい穎果をつけるヒエ、アワ、キビなどの総称で、英語でmilletとまとめて訳されています。

この主穀と雑穀を合わせたものが 穀物/シリアル(cereal)として広く知られています。菽穀はマメ類であり、擬穀はソバ、アマランサス、キノア等であり、その油脂を利用するゴマやエゴマは、油穀ともいえます。

また、近年ミックス雑穀として流通している原材料には、玄米のほか、有色米や古代米と呼ばれる黒米や赤米、豆類、ゴマやエゴマなど、広く雑穀ブレンドとして使われています。そのような中で、日本雑穀協会では、農学的な狭義の雑穀の定義を尊重しつつ、雑穀と呼ぶ作物の対象範囲を拡げ、『主食以外に日本人が利用している穀物の総称』としています。

すなわち、白米の原料である精白米、パンや麺類など、ほぼ主食に近い形で利用されている精白小麦以外を雑穀と定義しています。

参考比較

キビ、アワ、ヒエ、シコクビエなど、狭義の雑穀以外

雑穀に含む

  • オオムギ、ライムギ、エンバク、ハトムギ、モロコシ(タカキビ、ホワイトソルガム)など、日本人が主食として利用していないイネ科の穀物 
  • 大豆や小豆などの豆類(菽穀)
  • キノア、アマランサス、ソバなどの擬穀
  • ゴマ、エゴマ、アマニ、ヒマワリの種など、主に油脂を利用し、粒食もされる油穀とも称される穀物
  • 黒米、赤米、緑米などの有色米 
  • 精米されていない玄米、発芽玄米、及び、玄米胚芽
  • 国内では主食として利用されていない、トウモロコシ
  • 精白されていない全粒粉、及び小麦胚芽
  • 押麦、米粒麦、きな粉、はったい粉、フリーカなどの精麦、及び加工品

雑穀に含まない

  • 豆類のうち、一般的にナッツとして扱われているピーナッツ
  • アーモンドやクルミ、カシューナッツ、ピスタチオなどのナッツ類
  • 松の実、クコの実、かぼちゃの種など、ナッツとして扱われることの多い種実類
  • 小麦ふすまなど、穀物の種皮を選別したもの

 

関連記事

  1. 全国各地のイベントで有資格者が活躍

    有資格者が活躍する、雑穀普及に関係するイベントが全国各地で開催されています。…

  2. 雑穀研究会 Millet Society につい…

    雑穀研究への招待1988年に設立された雑穀研究会は、雑穀をめぐるあらゆる…

  3. キヌアの人気はまだまだ続いていく

    雑穀アドバイザーのキヌアカフェ料理南武線の武蔵新城駅近く、川崎市のコミュ…

  4. 岩手の雑穀価値を感じる料理セミナー in盛岡

    岩手雑穀の価値を共に理解し、共有したい、その想いが伝わるように。岩手の雑…

  5. 2016年、国際マメ年も残り2か月弱

    縁がある豆サミット in遠軽 開催2016年は、国連が定めた「国際マメ年…

  6. 岩手県農業研究センター県北農業研究所に訪問

    岩手県軽米町にある岩手県農業研究センター県北農業研究所は、岩手県だけでなく、…

  7. 業務用加工食品部門で3商品の金賞授賞式

    日本雑穀アワード2018《業務用加工食品部門》では、3点の優れた金賞受賞商品…

  8. 第45回雑穀エキスパート講座 1月開催受付中

    2005年12月にスタートした雑穀エキスパート講座は、今年で13年目に入り、…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP