3月9日「雑穀の日」有資格者活動紹介

各地で「雑穀の日」イベント開催

日付は、3・9(ざっこく)の語呂合わせに由来していますが、今、国内雑穀産地の多くは播種前で、雑穀生産者や流通関係者、研究者など、それぞれの立場の方が雑穀の魅力や価値、重要性について考えるには最適な季節であると思います。

毎年、「雑穀の日」に合わせて、会員や有資格者を対象としたイベントを開催していましたが、今年は、協会としては行わず、会員企業や雑穀産地等でPRイベント、キャンペーン企画等が開催されました。

「雑穀の日」記念日ポスターを各地で掲示

 

雑穀のスペシャリストである有資格者によるイベントも行われました。
玉川高島屋S・C「玉川テラス」では、雑穀クリエイター田中雅子さんから、今回のテーマを「雑穀のある食卓 ~雑穀と和食!」として、雑穀のルーツと使い方の話を中心に、雑穀を使った和惣菜と共に、古代のおにぎりも再現して提供されました。

ゲスト講師には、お米のプロでもある雑穀クリエイター持田怜美さんから、美味しい炊き方を聞くなど、盛りだくさんの内容です。

高川髙島屋S・C「玉川テラス」を屋上庭園から

アシスタントをつとめた雑穀アドバイザー川端淳子さんによる撮影

古代のおにぎりを再現したお弁当

  • 三色古代おにぎり(縄文人のお赤飯おにぎり、信長の出陣おにぎり、春日局の菜飯にぎり)
  • うるいのアマランサス和え
  • 大麦と切り干し大根の酢和え
  • ひえの花びら大根
  • 玄米団子
  • どらいなっとう
  • たかきび粉のしょうがケーキ

〚次ページ〛有資格者による大阪スペシャルイベント

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 第27回「雑穀塾」タマヤパン工場見学開催

    株式会社米麦館タマヤ(大阪・岸和田)第27回「雑穀塾」は、2016年9月…

  2. 水窪雑穀サミット参加報告「ダイニング編1」

    一夜限りのダイニング会場は、浜松市中心部から車で約2時間半、景色のすばらしい…

  3. デイリー食品部門〈2018‐春〉金賞授賞式を開催…

    2018年5月18日(金)、多数のメディア関係者、及び協会役員等が出席のもと…

  4. 目的は、健全な市場形成「日本雑穀アワード」

    本日、8月25日(木)から「日本雑穀アワード 第4回デイリー食品部門」の応募…

  5. 企業・団体向け「雑穀の基本研修」説明会開催

    専門スタッフによる研修説明会を開催日本雑穀協会では、雑穀エキスパート講座…

  6. 雑穀にパクチー/クッキングワークショップ開催

    講師は、雑穀とパクチーの専門家第2回雑穀クッキングワークショップの講師は…

  7. 第3回 雑穀クッキングワークショップ 開催

    2017年最初の企画、1月28日(土)に製粉会館 調理講習会場「大麦サポータ…

  8. 継続した雑穀普及の条件

    雑穀の価値向上の取り組み写真は、岩手県軽米町産の雑穀を使った、ホテルニュ…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP