3月9日「雑穀の日」有資格者活動紹介

新商品PRイベントも開催

「雑穀の日」当日は、日本雑穀アワード2017、及び第5回デイリー食品部門 金賞受賞商品のプレスリリース配信日。受賞した株式会社長寿乃里さんの「デトッ穀」シリーズ商品の新商品PRイベントと重なり、ブレンド監修を行った雑穀クリエイター持田怜美さんと共に大々的に紹介されました。

 

また、雑穀アドバイザー柴田菜穂千さんのお店「トレプンティーニ」(東京・西池袋)でも、「雑穀の日」前後三日間限定の、すべての料理に雑穀を使った「雑穀ランチプレート」も提供されました。雑穀のおいしさと可能性が伝わるランチプレートです。

ハトムギ茶、大麦スープとポップアマランサス

黒米、ハトムギ、ヒエ、もち麦、キビ、アワ、白ごま、五穀ごはん

 

その他にも、各地で様々な企画が継続して開催されているかと思います。これからの盛り上がりも楽しみです。


デトッ穀 商品紹介ページ
ナチュラルフードカフェ トレプンティーニ

ページ:
1 2

3

関連記事

  1. 札幌マルヤマクラス 千野米穀店「円山精米所」

    千野米穀店代表取締役社長、雑穀エキスパート 徳永善也さんによる、今年4月21…

  2. 雑穀塾「粟(あわ)の魅力共有」

    日本各地で古の時代から栽培され続けてきた粟(あわ、アワ、Foxtail mi…

  3. プレミアム雑穀 ×オイル コラボ試食イベント参加…

    6月19日(火)東京・渋谷のカフェレストランにおいて、プレミアム雑穀「美穀」…

  4. 雑穀にパクチー/クッキングワークショップ開催

    講師は、雑穀とパクチーの専門家第2回雑穀クッキングワークショップの講師は…

  5. 日本雑穀アワード金賞授賞式開催 2017.3.1…

    過去最多のエントリー数 日本雑穀アワード20172017年3月17日(金…

  6. 大麦食品シンポジウムに参加して

    普及促進のため、この時期に毎年開催されている大麦食品シンポジウム。日本雑穀協…

  7. 水窪雑穀サミット参加報告「シンポジウム編」

    二俣から車で約1時間半、水窪に到着。まず最初は、…

  8. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP