全国雑穀週間 3/4(月)~3/10(日)

全国雑穀週間とは
雑穀をすばらしさを伝える記念日、3月9日「雑穀の日」を含む一週間のこと。雑穀流通企業をはじめ、食品メーカーや研究者、雑穀生産者、関係する行政機関など、雑穀に携わる全国各地の皆様と共に、雑穀の魅力や価値、可能性を発信していく7日間です。

「雑穀の日」とは、3と9で”ざっこく”と読む語呂合わせに由来し、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定された記念日です。

具体的な活動内容について
日本雑穀協会の会員企業や取引先、流通関係者や約3,000名の雑穀の資格認定者と共に、総力を結集して雑穀の魅力をPRしていきます。雑穀関連商品を取り扱う店頭でのPOP展開、インターネット通販でのキャンペーンや特別企画、雑穀産地での雑穀イベントやセミナー、有資格者による料理教室など、様々な活動が予定されています。その他、全国雑穀週間期間中に開催される食品見本市などでは、様々な雑穀に関する展示やセミナーが企画されています。

また、当協会主催のイベントとしては、3月5日(火)に、雑穀普及の中心の街「東京・日本橋」において、雑穀の魅力を伝える有資格者や企業関係者によるパネルディスカッションや、雑穀を使った優れた食品を表彰する「日本雑穀アワード2019《一般食品部門》金賞授賞式」等を開催いたします。

設立15周年 会員イベントのご案内はこちら

関連記事

  1. 雑穀は世界の農業遺産

    今年3月、徳島県にし阿波の傾斜地農耕システムが、世界農業遺産に認定されました…

  2. 3月9日「雑穀の日」有資格者活動紹介

    各地で「雑穀の日」イベント開催日付は、3・9(ざっこく)の語呂合わせに由…

  3. 国産もち麦「ホワイトファイバー」800トン

    日本雑穀協会も賛助会員として参加している《大麦食品推進協議会》。毎年…

  4. 雑穀業界は順調に発展、第12期総会開催

    年に一度の情報共有の場、総会開催11月18日(金)、一般社団法人日本雑穀…

  5. 水窪雑穀サミット参加報告「シンポジウム編」

    二俣から車で約1時間半、水窪に到着。まず最初は、…

  6. 第29回「雑穀塾」岡山で初開催

    雑穀塾、きびだんごの岡山開催2017年5月27日(土)、雑穀のきびを使っ…

  7. 目的は、健全な市場形成「日本雑穀アワード」

    本日、8月25日(木)から「日本雑穀アワード 第4回デイリー食品部門」の応募…

  8. 雑穀の定義と雑穀に含む範囲の解説

    雑穀は、世界の国や地域によってはもちろん、日本国内においても時代背景や主食の…

ピックアップ記事

食品業界向け「雑穀に関する基礎知識」

2017年10月 日本食糧新聞社刊

PAGE TOP