menu

〚雑穀物語12〛唐黍と高粱と玉蜀黍


『グレオとミレイの雑穀物語』
この物語は、古来から日本人の生活と密接に関わってきた、食の文化財ともいえる雑穀の価値と魅力について、正しく、わかりやすく広めるために生まれた、雑穀の真実に挑戦する、信実のヒューマンドラマです。
雑穀普及に取り組む一般社団法人日本雑穀協会から、雑穀市場の健全な発展を目的として、雑穀専門家、関係機関、関連する企業・団体等の協力をいただきながら配信しています。


登場人物紹介

グレオ
神奈川県出身、文学部の大学2年生。趣味は映画観賞とスポーツ観戦
。スマホが離せない少し優柔不断な次男坊。ひそかにYouTuberとして成功することを考えている。
ミレイ
料理と読書、そして雑穀が大好きな、東北の中山間地出身の女子大家政学部の3年生。雑穀エキスパート認定者。責任感が強い。グレオとは、カフェチェーンのバイト仲間。

『第12話』唐黍と高粱と玉蜀黍

ミレイ
「グレオくん、ソルガムって知ってる?」

グレオ
「知ってるよ、ノーベル文学賞を受賞した中国の莫言(モー・イェン)さんの代表作「赤い高粱(コウリャン)」のコウリャンと一緒だよね。映画にもなってるし。背丈以上の高さのある、トウモロコシにも似ている穀物だよね。」


赤い高粱 (岩波現代文庫)

ミレイ
「すごーい!そのとおりよ。」

グレオ
「当たり前だよ、一応、文学部だからね。それで、ソルガムがどうかしたの?」

ミレイ
「実は、ソルガムって、いろいろな呼び方があって、困っているの。一般的には、タカキビと呼ばれているんだけれど、和名は、食品成分表にも掲載されているモロコシなのよ。そして、中国ではコウリャンでしょ。英名はソルガムのほかにも、グレートミレットやインディアンミレットとも呼ばれてたし、他に、ソルゴー、マイロなど、いろいろと呼び方があるのよ。また最近の長野市や信州大学を中心にした活動では、信州ソルガムと呼んで、ブランディングも始まっているわ。」

グレオ
「ふ~ん、そういえば、この前、ホワイトソルガムの勉強会に行っていたよね。」

ミレイ
「そう、行ってきたの、ホワイトソルガム、白タカキビの勉強会ね。今、グルテンフリー食材としても注目されていて、試食もあってとてもおいしくて、クセのない味でいろいろなお料理に使いやすそうだったわ。アメリカ産のソルガムの普及に取り組むアメリカ穀物協会さんでは、ソルガムという名称は、食品添加物と間違えられることもあったので、ソルガムの後に、雑穀のきびをつけて、ソルガムきびって呼んでいるそうよ。ソルガムが消費者の皆さんに親しんでもらえるように、この呼び方を浸透させているのよ。」

グレオ
「なるほど、ソルガムきびか。白タカキビは、ホワイトソルガムきびだね。きびの仲間としてわかりやすい呼び方だよね。でも、同じ作物で呼び方がそれだけ多いと、メニューや商品の名前をつける時に迷いそうだね。」

ミレイ
「それが今、悩みどころなのよ。レシピを作るときも、原料産地の違いで、同じメニューでも原材料の呼び方を変えたりしてるの。」

グレオ
「モロコシって名前もトウモロコシと間違えられやすいよね。」

ミレイ
「そうなのよ。でも、呼び方が似ているのは、理由があるの。トウモロコシって、モロコシより後に日本に入ってきた作物なのよ。」

グレオ
「え~、古くからあるイメージだけど、そうなんだ。」

ミレイ
「トウモロコシが日本に来たのは、16世紀頃かな。モロコシは中国から伝わって、14世紀の室町時代には広く栽培されていたようなの。昔は、外国から来たものには、何でも唐(トウ)という字が付けられることが多く、つまり、外国から入ってきたモロコシに似た作物だから、前にトウを付けて、トウモロコシになったのよ。」

グレオ
「へー、唐+モロコシね。」

ミレイ
「実は、元をたどれば、モロコシも外国からきたキビのような作物という意味で、漢字では “唐黍” になるのよ。さらにいうと、モロコシそのものの名前も、古い中国に対する呼び方で “唐土” からきているの。」

グレオ
「モロコシの漢字って、トウキビ、トウドって呼んじゃいそうだね。まとめると “唐土” は黍のような作物で “唐黍”、トウモロコシは、唐から来た唐黍で “唐唐黍”、なんか麻雀みたいでややこしいね。あー、わかんなくなっちゃった。」

ミレイ
「そう、唐唐黍は変なので、古い中国の国名で、漢と分ける意味で使われている “蜀漢” から、別の黍という意味でモロコシには “蜀黍” の漢字があてられてることがあるの。それで、黄金色の実が美しく並んでいるという由来がある “玉黍” の文字を合わせて、トウモロコシは “玉蜀黍” と表記されるようになったのよ。」

グレオ
「へ~おもしろいね。でも、モロコシ、トウモロコシの漢字、読み書きできない人多いだろうなあ。スマホで変換だったらすぐだけど。」

ミレイ
「また、沖縄では、モロコシのことは、トーナチンって呼ばれているの。」

グレオ
「トーナチン?」

ミレイ
「そう、トーナチン。沖縄の首里地域では、トウモロコシのことを “ヤマトトーンチン“と呼んでたの。それで、逆に、唐がないトウモロコシなので、トーナチン。」

グレオ
「いろいろな呼び方があるね。」

ミレイ
「いっぱいあって、呼び方を整理しようと思ったら、眠れなくなって。。」

グレオ
「大変だー。」

ミレイ
「昔からの地域での呼び方は大切に伝承していきたいわ。でも、他の雑穀、ハトムギやシコクビエなども、昔はいろいろな呼び方があったけど、一般化された名前ができてわかりやすくなって、多くの人に知ってもらえるきっかけにもなったのよ。だから、普及のためには、わかりやすい統一呼称も必要と思うわ。」

グレオ
「そうだね、名称が統一されるようになるといいね。」

《解説》
モロコシ(ソルガム)は、食用、お酒、飼料、箒、バイオマスなど、その用途が多彩な分、様々な呼び方があります。そのため、呼称が違うことで、同じ作物でないと考えられることもあるようです。ハトムギもかつては、ヨクイ、トウムギ、チョウセンムギなどと呼ばれていましたが、明治に入ってから、ハトが好んで食べる様子から “ハトムギ” と呼称が統一されました。その結果、研究対象としても、消費する側としても統一感があってわかりやすく、広く普及につながったものと思われます。名前が統一されることで、もっと認知されることと考えています。

 

★雑穀通信★ 井上直人先生の「そば学」解説

〚雑穀物語13〛雑穀の可能性を北海道から

関連記事

  1. 〚雑穀物語8〛ミレイが描くMilletの夢

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

  2. 〚雑穀物語15〛雑穀米と五穀米とミックス雑穀

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

  3. 〚雑穀物語21〛身体を守る免疫と亜鉛の役割

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

  4. 〚雑穀物語29〛免疫と脳腸相関と生活習慣

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

  5. 〚雑穀物語16〛スーパーな雑穀を食する

    更新日:2020年3月3日『グレオとミレイの雑穀物語』この物…

  6. 〚雑穀物語7〛雑穀と野菜の食物繊維比較論

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

  7. 〚雑穀物語27〛腸内細菌を育てて免疫力向上

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

  8. 〚雑穀物語19〛洗うと雑穀と洗わない雑穀

    『グレオとミレイの雑穀物語』この物語は、古来から日本人の生活と密…

PAGE TOP